逗子市日本で3番目のフェアトレードタウンに!

 日本で3番目のフェアトレードタウンに認定された逗子市で2016年7月16日(土)に認定記念パーティが開催されました。これまでフェアトレードタウンを目指して様々な活動を行ってきた逗子フェアトレードタウンの会の市民の皆さん、また逗子市長、逗子市議会のみなさま、商工会のみなさま、そしてフェアトレード普及を日頃から進めている方々100名以上が集まってのお祝いの席となりました。

 「認定されたこれからがスタート」という逗子フェアトレードタウンの会事務局長の言葉どおり、これからよりいっそう逗子の方々とつながり、逗子を盛り上げるフェアトレードとなることが感じられる式となりました。

 また、日本のフェアトレードの先輩である熊本市、名古屋市のフェアトレードタウンの推進団体も駆けつけ、パーティを盛り上げました。 

 

 詳しくはこちらをご覧ください。http://fttzushi.jugem.jp/?cid=21

 

 (写真)左上:左から、日本フェアトレードフォーラム代表理事、逗子市長、逗子フェアトレードタウンの会代表、逗子市議、逗子フェアトレードタウンの会事務局長、右上:認定を受けて、左下:熊本、名古屋の先輩に囲まれて、右下:認定証

 

フェアトレード全国意識調査報告書

 2015年6月末ー7月初めに行った「フェアトレードと倫理的消費」に関する全国意識調査の分析が終わり、報告書が完成しました。今回の調査には全国のフェアトレード研究者13人が参加して実施されました。詳細は、添付の報告書をご覧ください。

FT全国調査2015報告書.pdf
PDFファイル 2.2 MB

名古屋市がフェアトレードタウンに!

 2015年9月19日(土)に名古屋市のフェアトレードタウン認定式と祝賀会が行われました。認定式では、名古屋でフェアトレードの普及を推し進めてきたフェアトレード名古屋ネットワーク代表と名古屋市長が共同で「国際フェアトレードタウンなごや宣言」を行い、本団体代表理事より認定証が渡されました。

 

 日本では、熊本市に続き2番目のフェアトレードタウンが誕生しました。

 

 詳しくはこちらをご覧ください。

フェアトレード全国意識調査を実施

  日本フェアトレード・フォーラムは、全国のフェアトレードの研究者や推進団体とともに、6月末から7月上旬にかけて、フェアトレードに関する全国意識調査を行いました。

 その結果、フェアトレードの認知率は29.3%と、2012年の調査時点より3.6%ポイント上昇したことが明らかになりました。また、フェアトレード製品を購入したことがある人も3.3%ポイント増えて12.4%(8人に1人)となりました。

 フェアトレード認証ラベルおよびフェアトレード団体マークの認知度はほぼ前回並みでした。

 詳しくは添付資料をご覧ください。

 

フェアトレード全国調査2015プレス発表文.pdf
PDFファイル 448.7 KB

一般社団法人 日本フェアトレード・フォーラムが運営する当ウェブサイトへのリンクはフリーです。リンクを行なう場合は、どのようなサイトへリンクを貼るのか、ご連絡いただけましたら幸いです。